憧れの学生ライフ

大学に入ると、高校までの生活スタイルが一変します。

マンションやアパートを借りて一人暮らしをはじめたり、学生寮に入ったりといった生活スタイルの変化はもちろん、勉強方法やアルバイト、お酒の楽しみ方などの経験をするのも大学(専門学校)時代であることがほとんどのようです。これから新生活を始める学生の皆さん、あなたはどんな学生生活を計画していますか?

憧れの学生ライフ

一人暮し

実家から遠く離れた大学や専門学校へ進学する学生さんの多くが経験する一人暮し。
夜遅くまで自分の趣味に没頭できる、友達を泊められる、ゆっくり朝寝坊ができるなど、自由気ままな時間が手に入ります。
その半面、炊事・洗濯・掃除といった、いままで行う機会の少なかった家事などの手間もかかるようです。

img 一人暮しマニュアル

新しい仲間

友人との付き合い方も、高校時代までと違い大きく変わるのが大学・専門学校の特徴。
自動車免許を取って一緒に旅行にいったり、成人してからはお酒を飲みながら話をしたりと、遊び方・付き合い方の幅が大きく広がります。

夜更かし

大学生の特権ともいえる夜更かし。 次の日に講義のない日などは寝坊を気にせず、ゆっくりと自分のための時間を持つことができます。 ただし、夜更かしのしすぎは体に悪影響を及ぼすこともあるのでほどほどに。

お金の管理

大学生になってからは。仕送りやアルバイトなどで、月に10万円を超えるお金を手にすることが多くなります。 友達づきあいや趣味に使えるお金が、大幅に増えることになりますが、特に一人暮しの場合は同時に出ていくお金が多くなることを忘れずに。 自分の生活を自分で舵を取っていくことで、大人としての金銭感覚が身に付きます。

img 一人暮しの節約学生生活

成人後のお楽しみ

お酒やたばこなど、成人だけに許された嗜好品を覚えるのも大学時代が多いもの。
お酒の席では、胸襟を開いて心行くまで友人と本音を話し合ったり、おいしい食べ物と合わせて幸せなひと時を堪能したりと大人ならではの時間を楽しめます。
ただし、未成年の飲酒・喫煙は禁止です。また、お酒の無理強いや喫煙場所以外での喫煙などマナー違反は慎みましょう。

休暇の使い方

大学生の夏季休暇は2カ月、さらに春休みにも2カ月近い時間があります。 これを利用して短期留学や海外旅行に出たり、国内を転々と回ったりと貴重な経験をする大学生も多いようです。
社会人になってからは忙しくてできないようなことができるのは、時間に余裕のある大学時代ならではといえるでしょう。

大学の勉強

大学の勉強は、高校時代のものと違って、"これ"といった指導要領がありません。 つまり、何を勉強するかどんな研究をするかは自分自身が決められるのです。大学での研究に興味を持って勉強が楽しくなったと感じる大学生も多いようです。
ただし、大学の授業のレベルは高校のものと比べて大きく上がっていることも忘れずに。学部によっては試験期間中は寝る暇もないほど忙しくなります。

将来を開拓するのは自分

大学(大学院)を卒業した後に待っているのは就職。
大学時代をどう過ごすかによって将来の進路は変わるといっても過言ではありません。 バイトをして社会経験を積んだり、勉強で知識を磨いたり、留学して国際的なセンスを身につけたりと、時間を有効に使って自分磨きをしてみましょう。

pagetop
  • トップへ戻る
  • 大学生活の心得
  • どんな学生生活がお望み?
  • 憧れの学生ライフ
  • 学生生活の便利グッズ
  • 一人暮しの家事のコツ